So-net無料ブログ作成

成人先天性心疾患患者の麻酔~術後管理 [anesthesiology]

Anesthesia for Noncardiac Surgery in Adults with Congenital Heart Disease

Anesthesiology 2009年8月号より

術後管理

重症先天性心疾患患者もしくはリスクの高い手術を受ける先天性心疾患患者の術後管理は、可能であれば成人先天性心疾患患者の受け入れに慣れている集中治療室で行うべきである。術後管理における主な問題点は、これまでに述べてきたものと同様であり、出血、不整脈および血栓塞栓性合併症などである。肺高血圧症がある場合は、シルデナフィル内服やNO吸入などが有用であると考えられる。

まとめ

成人先天性心疾患患者の数は急速に増えており、こうした患者が非心臓手術を受ける機会が今後は多くなるであろう。先天性心疾患の循環器系の解剖および生理は複雑で、各疾患の特徴や麻酔管理上の注意点を熟知する必要がある。中等度から重症の先天性心疾患のある成人の非心臓手術はリスクが高い。特に、心機能低下例、肺高血圧症、鬱血性心不全、チアノーゼが認められる場合は、リスクが非常に高いので、成人先天性心疾患センターに収容し、麻酔科医、循環器科医、外科医および集中治療医が協力して管理に当たらなければならない。成人先天性心疾患の周術期管理についてのガイドラインは、今のところ存在しない。この問題点の多い患者群に対する最適な麻酔管理法を確立するには、大規模な臨床試験を行う必要がある。

教訓 術後管理における主な問題点は、出血、不整脈および血栓塞栓性合併症などです。肺高血圧症がある場合は、バイアグラ内服やNO吸入などが有用でしょう。

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。