So-net無料ブログ作成

帝王切開:フェニレフリンvs エフェドリン~方法 [anesthesiology]

Placental Transfer and Fetal Metabolic Effects of Phenylephrine and Ephedrine during Spinal Anesthesia for Cesarean Delivery

Anesthesiology 2009年9月号より

方法

脊髄クモ膜下麻酔下の帝王切開術を予定された満期単胎妊娠のASA PS1-2の女性104名を対象とした。除外基準は、高血圧(収縮期血圧>140mmHgまたは拡張期血圧>90mmHg)、心血管系または脳血管疾患、胎児の異常、脊髄クモ膜下麻酔の禁忌および陣痛発来の徴候とした。

前投薬として、ファモチジンとクエン酸ナトリウムを内服させた。手術室入室後、標準的な非侵襲的モニタリングを開始した。患者を仰臥位としベッドを左に傾け、1-2分おきに血圧を測定した。三回連続して測定値が安定し差が10%以内になるまで測定を続けた。血圧と心拍数の基準値は、三回の平均値とした。

前腕に局所麻酔を行い16ゲージの静脈路を確保し、太い口径の輸液セットを用い温めた乳酸リンゲル液1Lのバッグにつないだ。手術室入室までは輸液は行わなかった。脊髄クモ膜下麻酔は右側臥位で実施した。リドカインによる浸潤麻酔後、25Gペンシルポイント針をL3/4またはL4/5と考えられる椎間から刺入し、0.5%高比重ブピバカイン2.0mL(10mg)とフェンタニル15mcgをクモ膜下腔に投与した。患者を仰臥位に戻しベッドを左に傾斜させた。薬剤投与1分後から、1分間隔で血圧を測定した。血行動態データは5秒間隔でコンピュータに取り込んだ。

患者を無作為にフェニレフリン100mcg/mLまたはエフェドリン8mg/mLに割り当て持続投与を行った。患者管理またはデータ収集のいずれにも関わらない者が薬剤を準備した。いずれの薬剤も、全く同じシリンジに用意された。シリンジ中の昇圧薬の濃度は、過去に発表されたデータを基に、両薬剤が同等の効力を発揮するように決定されたものである。いずれの昇圧薬も、細径延長チューブを経て静脈路の三方活栓に接続し、シリンジポンプを用いて投与した。収縮期血圧が基準値とほぼ等しくなるように、過去に我々が発表した方法に従い投与速度を調節した。クモ膜下腔に薬剤を投与すると同時に、急速輸液(最大2L)を開始した。輸液バッグはオペ台から1.5mの高さに設置しクレンメを全開にし、昇圧薬の投与を60mL/hrで開始した。収縮期血圧が基準値の120%を上回らない限り、2分間にわたり昇圧薬を投与した。その後、子宮切開時(=実験終了時)まで1分間隔で血圧を測定し、収縮期血圧が基準値以下であれば昇圧薬の投与を続け、基準値を上回ったら中止した。二回以上連続して低血圧(収縮期血圧が基準値の80%未満)が観測されたら、「レスキュー」としてフェニレフリン100mcgを静注した。高血圧(収縮期血圧が基準値の120%を上回る)が発生したら記録した。

クモ膜下腔薬剤投与の5分後に、ピンプリック法で麻酔高を確認し、術野の消毒を開始した。手術開始および終了時刻、吐き気・嘔吐の有無を記録した。動脈血酸素飽和度が95%未満でない限り、酸素投与は行わなかった。徐脈(心拍数<50bpm)が見られたら昇圧薬の投与を中止した。徐脈に低血圧を伴う場合はアトロピン0.6mgを静注した。

児娩出時に、母体から動脈血5~10mLを橈骨動脈から採血した(MA)。娩出直後に臍帯動脈(UA)および臍帯静脈(UV)から採血した。以上の血液検体について、以下の測定を行った:(1)血液ガス分析; (2)乳酸およびブドウ糖; (3)エピネフリンおよびノルエピネフリン; (4)フェニレフリンおよびエフェドリン

娩出1分後および5分後のApgarスコアを小児科専門医が評価した。

教訓 予定帝王切開を脊髄クモ膜下麻酔で行い、フェニレフリン100mcg/mLまたはエフェドリン8mg/mLを60mL/hrで投与して比較しました。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。